カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョワルベックの葬式と未亡人の喪」の映像を編集


09年12月7日
 何とまあ、九州に帰省してから半月も経ってしまった。毎日、散歩がてら、買い物や図書館などに出かけはするものの、事前にアポをとって人に会ったり、特別な場所に出かけるということをまだやっていない。この半月の間、両親以外では、週末にくる末弟と、たまたま訪ねてきた叔父夫婦と話をしただけという、この何十年間で、いや生まれて初めての、半引きこもり生活をしたかも知れない。この間何をしていたかというと、はい、映像の編集でした。

 7年前に、カラーシャの伝統行事や生活を記録するためにと、東京の弟からデジタルビデオを買ってもらった当時は、何でもかんでもビデオで撮っていたが、ここ数年、多目的ホールでの活動に追われて、撮影するのはその活動シーンがメインになって、他のシーンをだんだん撮らなくなった。さらに今年の冬に、末弟からお古のデジカメをもらってからは、小さい方がつい便利で、よけいにデジタルビデオを使わなくなってしまった。
 唯一、今年4月に他界したジャマット・カーンの叔父さん(ジャマットの父親は赤ん坊の時亡くなり、3人の叔父さんに育てられた)の葬式の様子と、叔母さんの喪の習慣だけは、割り合いきちっとビデオで撮影した。これだけは編集してまとめたいと思い、撮影してすぐにパソコンに取り込んだはいいが、やはり夏、秋と時間がなくて編集ができず、映像のクリップはパソコンに入ったままになっていた。
 今回2ヶ月早くなった一時帰国で、ゆっくり考える暇もなく荷物作り。まず、バッグに今年作ったクラフト製品を詰め込む。パソコンは絶対に持って行かねばならない。自分の身の回り品を極力減らして作った荷物は、ビデオカメラなしでどうにか自力で持てるかな、ちと人工股関節の身としてはきついかなというところ。で、ビデオカメラは置いていくことになった。

 そうなると、今年少しだけ撮った活動映像なども、日本で報告するときに必要かもしれないので、ビデオカメラからパソコンに取り込んでおかないとならぬと、向こうを出る寸前に、そういった映像も取り込んだ。すると、パソコンの容量がぎゅうぎゅういっぱいになってしまったのは言うまでもない。
 この容量オーバーをどうにかしないとパソコンがちゃんと働いてくれないので、佐賀に来てから、まず画像の整理をすることにした。ところが。今まで、不要な画像をiPhoto からゴミ箱に入れたら削除されていると思っていたのに、空き容量が増えないのだ。そしたら、消されたはずの画像が「すべてのイメージ」のところにでーんと居座っているのを発見。しかも2枚、4枚と重複して。
 ごちゃごちゃここで書いても、くそおもしろくもないだろうから途中は省略する。最悪だったのは、重複している1万枚以上あるイメージやムービーと闘った後に、多少ディスクの空き容量を増やして、「葬式と喪」の編集をしているときに、非常に重要なシーンのクリップが消えてしまったのだ。きつねにつままれたようだった。「bugの可能性があるのでは」とパソコンが警告するんで、もう復活しないと思ったけど、ひょっとしてソフトのアップロードをやればなおるかもと、意味のない希望をもって、アップロードに挑みました。そういえば8ヶ月間、アップロードしてなかったんですね。
 電話線でインターネットに接続してアップロードを開始したら、最初、「2時間かかる」と青い棒グラフが出て来た。「えっ、2時間も電話線つなぎっぱなしにしとくのかい!(電話代がかかる)」と驚いたが、この際、多少の費用は目をつぶろうと決心。しかし2時間過ぎても「後2時間」とグラフが出て来る。3時間半ぐらい経過した頃に、不手際で電話線が切れてパア、元の木阿弥。今度は夜にインターネットに接続した。そしてそれから2時間経過していたのにかかわらず、今度はなんと、「後、5時間かかるぞ」と棒グラフが出たのです。さすがに電話代がこわくなったし、夜通し起きていたくないので諦めた。こんなことだったら、東京でやっとけばよかったよ。

 幸い、消えたクリップは後で現れてくれたが、こういったストレスをいっぱい抱え込んで、一応「葬式と喪」の編集を昨日やり終えたわけです。編集しながらあらためて、カラーシャの死に対する観念と実行方法はなかなか素晴らしいと思った。生と死をお祝い事ととらえ、祭りと同じ規模でみんなで送り出すカラーシャの葬式は、日本の葬式より百倍もいいと思う。ただ、費用がかかり過ぎるのと、後に残った未亡人の喪の規律は大変過ぎる。こういう習慣もだんだんとなくなっていくのだろうか。
IMG_2387.jpg
写真:葬式の後、喪に入る頭と髭そり儀式

スポンサーサイト

悪夢の再現―テレビとDVDプレーヤー


 このところジャムシェールの仕事がなくて(ちょっとした大工仕事はあるが、外が寒いので後まわしになっている)、つい先日、仕事がないから、玉子と玉ねぎとナイロン糸を谷の店で買い、帰りにバズバン作りを頼んでいた女性のところに行って出来あがったのをもらってくるように使いに出したら、半時間で戻ってくるべきところ2時間もかかって戻ってきた。しかも、頼んだ品物は全く持ってこず。「玉子が見つからず、店をまわっていた。やっと1個見つけて買ったけど、ポケットに入れてたら割れてしまった。」と渡したお金は玉子1個分減って戻ってきた。バズバンの女性もグロム村に行っていていなかったらしく、やっと今さっき戻ってきたが、2個目がもう少しで終わるから、それが出来たら渡すと言われたと、使いに出した意味がまったくない。子供の使い以下だ。「頼んだものが店になかったら、なかったと、どうしてすぐに戻って来ないの」と文句言ってやったが、その晩はこの件についていろいろ考えをめぐらせ、考えれば考えるほど腹が立って眠れなかった。
 彼には給料払っている。恩着せがましく言いたくはないが、その給料は大変な思いをして(友人たちの寄付金や、ハンディクラフト、写真集を売ってお金を作る。バズバン作りもその一つ)、あちこちやりくりして払っているのに、本人は天から降ってくるとでも思っている。チトラールまでジープ代とランチを賃金以外に払って頼むことも半分以上無駄だったり、違う物を買ってきたりと手伝いというより、損失のためにやっているのではないかと思ってしまう。もちろん本人はそういう自覚はないのだが。

 腹立つことで思い出した。思い出した。この件はジャムシェールの問題どころではない。昨年プリンターのカートリッジのことで、損をした上に喧嘩までふっかけられ、泣き寝入りのまま非常に気分悪い思いをしたことがあったが、今度はテレビ&DVDのことでその悪夢が再現。前々のブログでもふれているが、まず、1)買ってすぐにテレビの映像が出なかったので、10日後私がチトラールの店に行き、接続コードを変えてもらう。2)すると映像は出たが、カラーが出なくて白黒のみ。3)カラー・システムがオートに固定されていてPALにならないので、カラーにならないようなので、固定を解除するためにはどうしたらいいか質問の手紙を店までサイフラー議長に託す。しかし「カラーが出ないのはカラー・システムを動かしたらいい」という返事。動かせないからきいてるのに。4)再び、同じ質問の手紙をジャムシェールに持っていってもらう。やはり、カラー・システムを変えろという返事。5)今度は私がチトラールに行った際に、テレビのリモコンを持って店に行く。店主は自分はコンピューター内臓の機器に弱く、息子がよく知っているので、息子のいる夕方4時から5時頃においでというので、4時半に行ってみると店は閉まっていた。この件のために、チトラールに泊まることになる。6)翌日店に行くと、私のリモコンで店にあるソニーのテレビのカラー・システムを変えることができたので、テレビに問題があるだろうという。テレビを店に持ってくれば無料で直すという。あの重いテレビを雪道の中、運んでくるのは大変だから、店の息子にルンブールに来るよう言うと。「それだと修理代を1200ルピーもらうことになる。直らなくても500ルピー請求する。」という。横にいたジャムシェールが「そんな1200ルピーも払うのは馬鹿げている、自分が運んで持ってくる。」と言う。7)後日、ジャムシェールが多目的ホールに置いてあるテレビとDVDプレーヤーをジープの助手席に乗せて、特別運賃を払ってチトラールに持っていく。同じ日にジャムシェール戻ってくる。リモコンの操作の問題だったらしい。これですべてOKということで、テレビとDVDプレーヤーのパワーを入れてみる。しかしテレビはオンになるが、DVDプレーヤーの方はどうしてもパワーランプがつかない。それまでずっとテレビに問題があったが、DVDプレーヤーは接続コード以外は大丈夫だったのに。とにかく電源が入らないことにはどうしようもない。8)ジャムシェール、DVDプレーヤーを持って再々度チトラールの店へ。夕方ジャムシェール手ぶらで帰って来る。店主いわく、「ルンブールの電圧が強過ぎて、プレーヤーが焦げてしまっている。修理するのに300ルピー払うよう。」冗談ではない、今回テレビとDVDプレーヤーを買うときに、電力を安定させるステビライザ-も、DVDプレーヤーとあまり変わらない値段でこの店から買っているのだ。テレビとDVDプレーヤーはこのステビライザ-を通じて電気がきている。もし電圧が高くて焦げたなら、ステビライザ-に問題があるということになる。それに同じ状況にあるテレビは焦げついてない。これはどういうことか。あきらかにDVDプレーヤーが不良品ということである。9)修理に2日かかるということだったので、3日後、店主に丁寧な文面でこちら側の状況を説明し、DVDプレーヤーを別なのに代えてくれるか、そちらの責任で修理していただけると大変嬉しく思いますという手紙をジャムシェールに持たす。常識ある人間だったら、手紙を読んで責任を感じるだろうから、今度こそテレビとDVDプレーヤー両方OKで、今晩は私が持っているただ1枚のDVD映画「フェリーダ」を大きいテレビ画面で観ようかしらんとわくわくして待っていたら、チトラールから戻ってきたジャムシェール、またしても手ぶら。「店主がペシャワ-ルに行っていて、息子は別なDVDプレーヤーが欲しいんだったらお金払えという。店を紹介したアズハールも店につれていったが、彼も息子とは話のしようがないと言って、力になってくれなかった。」とのこと。
 ということで、9回チトラールの店に出向いているわけだが、未だに買ったテレビとDVDプレーヤーで1度も映像を見てない。機器の代金以外に9回のチトラール往復で数千ルピーの経費を使っている上に、下手するとカートリッジ事件と同じく壊れたDVDプレーヤーはこちら側の損失(運が悪かった)として諦めなければならないかもしれない。こんな理不尽なことがあっていいのだろうか。今の日本ではまずあり得ないだろうが、パキスタンのチトラールでは大ありのことなのだ。腹立つけれど、怒れば怒るほど泥沼に入り込んでしまって最終的によけいに損するのはこっちの方だから、事故に会ったと思って今回も泣き寝入りすることになりそうだ。しかし悔しい。
 不愉快な話題につき合わさせて申しわけありませんでした。おかげで私は少しすっきりしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。