カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルンブール谷に戻って

2006年5月26日

  5月5日に日本を出てから、バンコク2泊、ラホール2泊、イスラマバードのファウジアの家に3泊した後、ホテルに1泊。5月13日朝ルンブール谷に陸路で直行するために出発。マラカンド峠や諸々の場所での道路工事が多くて、ディールには遅れて夜8時半頃到着。5月14日の早朝にディールを出発、昼前にラワリ峠を越えて、ドローシに午後1時に着き、そこでランチの後に車を乗り換えて、まっすぐルンブール谷に午後の遅い時間に到着。10日間、ずっと移動で、荷物をほどいたり詰めたり、相変わらず調子の良くない股関節をかばいながら、ようやく自分の場所にたどり着いたという感じだ。
 この冬に住みかをジャマットの隣の部屋から、新しく建ったばかりの仕事部屋(多目的ホールに隣接する部屋)に移していたが、ビニール・シートを全面に被せていて雨漏りしないはずの屋根に、(ジャマットが雇った)ロバが雪解け後に歩いたために、ビニールが破れて、雪解け水が多目的ホールと仕事場両方にかなりの量漏ったらしく、戸を開けたら、むっとするほどの湿気で蒸し暑くて、ほとんどの物は湿っていてカビだらけ。アルミの長持ちに入れていたフィルムが無事かどうか心配。天窓を開けて風通しをよくすると、80度あった湿度が65度に下がり、翌日には温度22度、湿度50度になり少し安心する。
20060619142323.jpg

写真:カビだらけになったシャラービラヤック(小麦粉で作った山羊と犬)
 しかし、そうでなくとも前の部屋から引っ越したばかりで荷物の整理ができてないところに、ジャムシェールとヤシールが濡れた荷物を水漏れしない場所に移したり、濡れた物を広げてくれたりしていて、部屋の中は大混乱。敷いていた敷物を取って、セメント床を水で流しながら掃き掃除をして少しすっきりした.。
 5月15日の春祭りの最終日(大ジョシ祭)は、股関節も調子悪いし、踊りの佳境に入るのは3時すぎなので、それに合わせて踊り場へ。年々観光客やイスラム教徒の見物人は増えても、地元カラーシャの参加者は減るばかりでさみしい気持になってしまう。それでも、ガッチ(カラーシャを称え、子孫繁栄を祈る秘密の歌を祭礼の長老が大きなクルミの枝を振りながら歌う)が終わって、男たちがマハンデオで祭礼を行う間、女たちが大ジョシの時だけに繰り広げる踊り、ダギナイやミウマウ婆さん、シャンガーヤックは十分楽しむことができた。

 村での私の活動を中心としたドキュメンタリー番組制作で撮影に来ていたK氏とW氏のうち、カメラのW氏が日差しの強い中で動きまわった上に、連日の移動で疲れもたまったのか下痢と高熱(39度5分)でダウン。前年同じような病状を体験した静江さんが、幸い良い薬を持っていて、W氏は1日で回復して(若いからね)、私たちもひとまずほっとする。
 ディレクターのK氏と回復したばかりのW氏を、昨年完成した水力発電所、村の2つのジェシタク神殿(一つは、本来全く不要なのに金が入るという理由で昨年建て始められ、すでに60万ルピーも費やされているのに屋根もできていない状態)、私が一番初めに建てた女性の共同沐浴場、上流の畑地などをに案内して、K氏、W氏のバラングル村の5日間の滞在は終了。5月19日、ボンボレット谷をざっと案内して、チトラールのマウンテン・インへ。お二人の国際便のリコンファームも、ペシャワール行きのエアー・チケットもマネージャがやってくれていて大助かり。熱いお湯のシャワーでみなさんさっぱりした後、夕方バザールを散歩。しかしチトラールの町はたいそう暑くて、ちょっとを歩いただけで疲れてしまう。
 20日の朝は快晴で、K氏、W氏のペシャワールのフライトも飛び、ペシャワールで乗り継いで、午後3時にはイスラマバードのホテルでリラックスされていたもよう。静江さんと私は、アルミ長持ちなどの買物があったのでチャーター・ジープでバラングル村へ戻る。

5月21日は休養。といっても、たまった洗濯はやらないと着替えがなくなる。電気がついてから、静江さんが丸山さんから預かったCDをインストール。どうにかインストールできたようではあるけど、まだ使い方がよくわからない。時間をかけて練習していくしかない。

 5月22日。多目的ホールと仕事場の土地は、私が14年前にトイレを建てるために買った土地なのに、ジャマットが「あそこは自分の土地だ。あの建物もアキコが住むだけなら許すが、NGOの活動として使うなら許さない」とわけのわからないことを言っているので、この際土地の件を明確にしておかないといけないと思い、親戚の人、村の人、ヤシールに立ち会ってもらって話をすることにした。始めのうちは感情的になっていたジャマットは取り付く島なしの状態だったが、間に入った人がなだめてすかしたら、「建物のある土地だけでなく、庭の方も全部アキコが使っていいと数年前に書類も作ってある。土地は俺が死んだら彼女のもの、彼女が死んだら俺のもの、両方死んだら兄さんのものだ。」と言い、4日後にこの言葉を承認するかどうか、また話し合いをするということになった。
しかしころころ話が変わるジャマットは、その直後ヤシールを呼んで、前と同じこと、つまり、私だけが使うのならいいが、他の誰も使うことはできないと言い換えたという。この土地の件を後回しにすると、今後の私がやっていきたい活動も思うようにできなくなるので、速やかに解決したいと思うが、相手が相手なので、そう簡単にはいかない。

 5月23~27日
 朝、ラジオ体操、伝七人参粉とハチミツ、ミルクティーと食パン(またはタシーリ)の朝食の後に、漢方薬という一連の儀式もこの数日間定着し、股関節の痛みが若干ながら減ってきたようでもある。加藤さんたちに付き合ってサイフラーさんのゲストハウスで取っていた食事も、パキスタン製スパゲッティ、パキスタン産ジャポニカ米などをメインに極力自分のところで作りようにする。
丸山さんたちやファウジアと協力し合って、目下考慮中であるカラーシャ伝統文化保存のプロジェクトの件、サイフラーさんに書類を見せて説明すると、いい話だと言うものの、積極的にアイデアを出してくれるわけではなくちょっともの足りない。もちろん、いくら頭の良いサイフラー氏でも、あの脳みそが破裂しそうな難しい書類を見てすぐには意見がでないのが当たり前かもしれないけれど。
このプロジェクトのことを考えながらも、多目的ホールの内装、特にキラン図書室の本棚作りもはじめなければならない。材料の丸太はすでに私の留守中にジャムシェールが山から下ろしてくれていたので、この丸太をアユーンの町に運んで、機械で平板にしなければならない。それには丸太を谷から持ち出す許可書をとらねばならず、許可書のためにジャムシェールをアユーンに使いに出すが、責任者がいなかったと戻ってくる。などなど、なかなか仕事ははかどらない。
静江さんは今回の滞在、残すところ数日というのに、パラルガーに一泊の山歩きに行った後に、風邪と細菌性下痢にかかり休養中。ジャマットの件は間に立ってくれている人が急用で留守となり、話はないまま。

5月28~29日
ジャマットとの話は私が目の前にいると、ジャマットが感情的になるので、私抜きで3人の使節団が彼と話会って、私のところに報告にきてくれた。私の言い分は、「これまでジャマットに返すからと言われて貸したお金も返さなくてもいい、私が買ったジープをジャマットが売った件も黙認するから、多目的ホールと仕事場の建物のある土地と牛小屋の土地の名義を私の名前にする。牛小屋のお金はすでに払っているが、土地代としてもっと欲しいのだったら、代金を払う」ということだったが、ジャマットは今度は、「アキコがあそこに住んで、何をやるのも勝手だが、彼女が亡くなったら、あそこは俺のもの。お金は1000万ルピーくれると言っても受け取らない」と言っているという。
死んだ後のことなど、どうなってもいいと思う部分もあるが、でもせっかく共同体のための活動のために作った空間が、教育のことや将来性を全く考えないジャマットのものになると、宴会場と化してしまうのがオチで、それはいくらなんでも残念だし、また、私が死ねばジャマットのものになるということで、彼から毒を盛られる(?)危険性もあり、日々を脅えながら暮らして行くのも嫌だから、ジャマットの言い分は飲めない。
いろいろ考えた結果、村の人たちの説得はジャマットには説得すら感じられないようだから、私たちの法廷結婚の手続きをしてくれたペシャワール高等裁判所で弁護士をしているカリッド・カーン氏に相談して、彼に村まで来てもらって、ジャマットに話をしてもらおうと決める。ジャマットの言い分は支離滅裂で、民主主義国家の法律に違反している言動で、私が折れて提案した条件を飲むことがジャマットにとっても得策だということを、カリッド・カーン氏なら説得できるだろう。ジャマットは権威に弱くもあるのだ。

5月30日
「アキコさーん。これからいってきまーす。」早朝5時20分、静江さんの声で起こされる。彼女はガイドのワジール・アリとサンドリガから山頂をめざし、山向こうのチトラール川に面するオルゴッチ村に下り、そこからジープでチトラールに来るというコースに挑むのだ。足の悪い私は、静江さんの荷物を持ってローカル・ジープで一足先にチトラールへ行っているという計画。
私のジープには、隣に病気の赤ん坊を抱いたグルコンザ、後席に腹痛を訴えるバラデッシュのおばあちゃんが乗り込み、別のジープには病気のライナーとアンダスグルが病院に行く所である。このところの病人ラッシュがうかがわれる。
インターネット・カードを買って、マウンテン・インのオフィスで久しぶりのEメール、チェック。全部読みきらないうちにラインが切れたら、再びつながらないので、諦めてバザールへ。語り部の録音のためのカセット・テープを5本買って、村に戻るマシアールにことづけ、私用の買物も済ませて、ホテルに戻る途中に、カラーシャの溜まり場の安宿をのぞくと、赤ん坊を抱いたグルコンザが座っている。
赤ん坊は薄目と口を開けたままぐったりとして眠っている。その目にハエがたかっている。状態は来る時よりも悪そうだ。病院で見てもらったというが、レントゲンを取ったのを見て、注射1本して、処方箋をくれて、ハイさよならだったらしい。近くに住んでいるのだったらいいが、こらから午後の日差しの暑い中、ぎゅうぎゅう詰めのボロジープで家に帰るだけで、赤ん坊はまいってしまう。具合が悪化して、また明日病院に連れてくるようになるのは目に見えているので、グルコンザにそう言うと、彼女も自分の子供の状態はよくわかるようで、「私もそう思って心配してるんだけど、この子のお父さんは私の言うことなど聞いてくれないし」と言うので、私がグルコンザのダンナさんに「もう1度医者に見せて、せめて1日入院させて様子をみるようにしよう」と話をすると、すぐわかってくれて、チトラール市民病院の小児科医が、午後3時からプライベートで開いているクリニックに赤ん坊を連れていく。
グル・ザール小児科医は丁寧に診察してくれ、赤ん坊は肺が悪くなっていて、熱もあるので、市民病院の小児病棟に入院ということになった。指示された薬と、水分補給がすみやかにできるように哺乳便、顔や体を拭くためのタオル、ミネラル・ウォーターなどを買い込んで小児病棟に。そこには昨日から入院しているムリャーの赤ん坊と母親のタウスビビがいたので、グルコンザも仲間がいてほっとしたもよう。夕方にはグル・ザール先生が検診にきてくれるときいているので、とりあえず私はホテルに戻る。
山歩きをしてきた静江さんは4時ごろにホテルに到着していた。病院まで行っただけで足を引きずっている私に比べると、静江さんは元気で足もあまり痛くないという。(うらやましい)サンドリガから頂上までは林が続き、歩くのにとても快適で、頂上付近ではボンボレット谷やバウック、ガンガワットとこれまで歩いたことのあるところが一望に見渡せて感動したという。私もいつか行ってみたいと思うが、それまでに股関節をちゃんとしとかねば。

スポンサーサイト

5月7~8日ラホールにて

06年5月11日

 5月7日、夜8時(バンコク時間)出発のタイ航空便で、夜10時40分(パキスタン時間)にラホール空港に到着。ICLCパキスタン支部のタヒール氏が二人のお嬢ちゃんと共に出迎えてくれる。タヒール氏はムルタン女性刑務所とファイサラバードの少年刑務所のキラン・ライブラリーのICLC側の責任者でもある。彼に近況を尋ねると、「3月に覆面強盗に会い、買って間もない100万ルピー(200万円)の新しい車と携帯電話、現金8千ルピーを持っていかれて、気分が落ち込んでいる。保険には入っていたので、車の価格の8割は戻ってくるが、その手続きに時間と手間がやたらかかってまいっている」という。パキスタンも貧富の格差が広がる一方で、中流(の上)クラスのタヒール氏までが犯罪に遭うほどの状況になっているとは驚きである。
 タヒール氏の気の毒な話をききながら、CPC(Creative Papermaking Comittee)の仲間のヌザット女史の家に到着。ヌザットは炊込み御飯を作って待っていてくれたが、すでに夜中の12時になっていたので、食事は遠慮して、シャワーを浴びて寝る。しかし40度を越す暑さの中で、昼間に屋根からたっぷり直射日光を吸った2階の部屋で熟睡するのは難しく、寝返りを何度もうち、ベッドから落ちたりして朝を迎える。

 5月8日、ヌザットは私が作るオムレツがお気に入りなので、いつも朝食のオムレツ作りは私の役目。ナンとオムレツ、紅茶のゆっくり朝食の後、彼女の新しい紙製品を見せてもらう。
 最近、彼女が力を入れて取り組んでいる大型ランプシェードはとても素敵で、私も大きい部屋を持っていたら欲しいくらいだ。結婚記念や新築祝いの贈り物にもぴったりだと思うが、ハイクラスの知り合いは、結婚式に出席するための服にはびっくりするほど金をかけても、こういう渋いインテリア製品に対してはなかなか財布のひもが堅いらしい。
>20060531165503.jpg

  写真:ヌザット女史のランプシェード製品
 昼間、ムルタン女性刑務所とファイサラバード少年刑務所のキラン図書館の運営報告を、タヒールのオフィスできくことになっているが、印刷会社を経営している彼は、工場やら銀行やらあちこち周ってからオフィスにくるので、結局、始めは4時半、そして7時、8時とどんどん約束の時間が延ばされる。
 夜8時に彼のオフィスに行き、30分ほど待ってタヒール氏が現れたとたん停電となり、写真や書類を見ながらの報告をきくことはできなかった。彼は経営パートナーのザヒッド氏と共に、仕事の合間を見て、ウルドゥー・バザール(本関係の店が並ぶマーケット)に足を運び、キラン図書館に追加する書籍を買い集めているという。女性刑務所の方には、ミシン縫いのトレーニングを受けている受刑者たちに参考になるように、ファッション雑誌も買い求めたということだ。追って、コンピューターにインプットした報告書をICLC代表の田島氏と私にメールで送ると約束してもらう。


ICLCのセミナーが始まります

5月6日から、ICLC(国際識字文化センター)の最大のイベントが開催されます。
「現代アジアの子どもたちが直面する現実―ICLCの国際協力活動」
  
 世界で最も多様な世界でありながら、困難な環境をかかえるアジア各国において、子ども達が生きる環境を、文化的、社会的な視点から考え、こうした環境を改善するために、各国で共同でとりくまれている様々な国際識字文化センター(ICLC)などの活動を紹介します。

 国際識字文化センター(ICLC)はヒューマンリテラシーに基づいた活動を、1997年以降、アジア各国で展開していますが、現代における識字教育とは、人を不幸にし人を殺すような、読み書きそろばんの識字ではなく、本当の意味で人間を幸せにする哲学や方向性を持たねばなりません。識字とは読み書き計算が、うまくできるかどうかの技術能力ではなく、21世紀の豊かな人間性や普遍的な内容をめざすものでなくてはならないのです。つまり識字とは人を生かし、争いをなくし、人間同士が信頼できる世界を作るためにこそ存在しているものです。世界中の多くの国では、貧困・犯罪・冤罪・といった理由で、多くのこどもたちが刑務所に入れられています。彼らの「生きた知識を知りたい」、「本を読みたい!」「もっと広い世界を知りたい!」といった子どもたちの叫びにこたえるために、ICLCは2000年よりキランライブラリー(太陽の光図書館)を世界各地につくってきました。今回の展示とセミナーにより、こうした現状をより多くの人に理解してもらい、今後のより幅広い市民や団体の参加へと結びつけていきたいと思っています。1ヶ月の会期中には各テーマごとに「ビデオ映像上映・講演・ディスカッション」で構成された刺激的なセミナーを開催しますので、皆さま奮ってご参加ください。
  
「現代アジアの子どもたちが直面する現実―ICLCの国際協力活動」
期間:2006年5月6日(土)~2006年5月31日(水)
会場:国連大学ビル(渋谷)1FーGEIC(地球環境)展示スペース
主催:アジアの子どもたち国際教育協力活動展示・セミナー実行委員会

 ◆イベントのご案内
 連続セミナー(映像とお話) 
 土曜日(午後1時~5時)
 平日(午後5時半~7時半 5月20日のみ10時半~)
 
会場:地球環境パートナーシッププラザ
   (渋谷・表参道 国連大学ビル1階) 
    電話(03)3407-8107

第1回 5月6日(土)
「ヒューマンリテラシー:現代の深刻な課題とICLCの識字教育」
 ことば・想像力・コミュニケーションの今 (1:00 pm ~ 5:00 pm)   講師:田島伸二
第2回 5月12日(金)
  南インド・ダリット(最下層カースト)女性の文化活動とコミュニテ  ィ開発 (5:30 pm ~ 7:30 pm) 講師:黒川妙子
第3回 5月13日(土)
 パキスタン・カスールの六価クロムによる深刻な水質汚染について
 環境絵本「大亀ガウディの海」とアニメ上映 (1:00 pm~5:00pm)
  A,ラーマン(パキスタン)
第4回 5月19日(金)
  パキスタンなどの刑務所に設置されたキラン図書館
- 子どもの人権と識字の意味 講師: ICLC
第5回 5月20日(土)
「心の絵地図」制作ワークショップ(自分の深層心理を文字・絵・デザ インで制作する <ワークショップ>
第6回 5月24日(水) 伝統と現代―アジアの人形劇文化の魅力
  講師:塚田千恵美(現代人形劇センター)
第7回 5月27日(土)
  インドの子どもの生きる現実と共同平和絵本プロジェクトの課題   (講演・対談)(1:00 pm ~ 3:00 pm) 
  講師:ヴァルシャ・.ダス(インド文学者)
  中国雲南少数民族の音楽と正倉院収蔵の天平楽器とその音楽の復元 (音楽の演奏)(3:30 pm ~ 5:00 pm) 劉宏軍 (中国音楽家)
第8回 5月30日(火)
 ICLCの今後の活動と展望など「インド古典音楽の世界」(演奏)   (5:30 pm ~ 7:30 pm) ICLC、ティム・ホッフマン(米国音楽家)


言葉・文字・平和・自己表現について、アジア各国のNGOと共にユニークな活動の行っているのが国際識字文化センター(ICLC)です。現地の写真や解説と共に、第一線で活躍する講師が海外からも参加してセミナーを行います。どうぞ気軽においでください。

参加費:ICLC会員500円、一般:1000円 先着順 30名 
お問い合わせ: iclc@iclc2001.org  (担当 黒川)
Tel: 090-6505-1782, 090-9137-8411 Fax: 03-5856-1588
http://www.iclc2001.org/  


パキスタンに戻ります

2,006年5月1日
 2月末に一時帰国してから、この冬に調子が悪くなった股関節の治療と療養に専念してまして、ルンブール谷にいる時以上に冬眠生活をしていたので、一度も自分のブログを見ませんでした。今週に日本を出るという段になって、ようやく「ブログやらなきゃ」という気が起こり、居候先の弟家族のパソコンに向かっています。
 股関節はまだ問題はありますが、思えば突然に痛みがやってきたのではなく、ここ10年間徐々に調子が悪くなっていて、そのとどめが昨年の多目的ホールと仕事場建設での壁塗りや棚作り作業だったわけで、10年間の関節変形を治すには長い期間がかかると改めて気がつき、まあ、滋養になる食事や漢方薬をとりながら、股関節のまわりの筋肉を強化していく整体運動などで、あせらずに対処していこうと思うようになりました。と思うということは、帰国したばかりの時よりも状態がよくなっている証拠でしょう。
 東京滞在中の治療においては、鍼灸の天満先生&裕美子さんに大変お世話になりました。(私が無収入だということで、決して治療代を受け取って下さらないのです。)このブログを借りて感謝の念を表したいと思います。また友人や家族からも、役に立つアドバイスや励ましをいただきました。ほんとうにありがとうございました。
 
 私は5月5日に成田からバンコクに飛び、バンコクでラホールかイスラマバードの切符を買ってパキスタン入りします。
 ルンブール谷では5月13~15日にはジョシ(春祭り)が開かれます。4月のキラ・サーラス(新チーズ祭り)には戻ってくると、村のみんなに言ってあったので、向こうでは「アキコはどうしたんだろう?」と心配していることでしょう。ジョシの祭りのピークの日(15日)にはぜひ間に合うように谷に戻りたいと思っています。
 村に戻ったら、たくさんやることがあります。今回も私より少し遅れて、多目的ホール&仕事場建設の支援者でもある静江さんが、建設完成のチェックも兼ねて日本からパキスタン入りされます。今年は多目的ホール&仕事場の内側の充実(水道設備、キラン図書室の設置、大人の勉強会のための視聴覚コーナー作り、紙すきの道具の充実など)それに周囲の整地などのハード面を行った後に、実際に図書室を子供たちに開放する、大人の勉強会を始める、紙すきの技術向上、染織の復活などのソフト面の活動をスタートできればと思っています。

 今回の日本滞在中で、長年、日本の連絡係りとして、またボランティアの写真集の配送係りとして世話になっている鈴木いさこさんが多目的ホールの視聴覚コーナーの設備のためにと10万円を、力強くて美しいインド女性を描き続けられている日展画家の本間ケイさんが300ドルを寄付して下さいました。心からお礼を申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。