カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほのぼの暖かくなった話

09年6月15日
 日常生活に必需品であるトイレットペーパー(トイレでは私はアジア式に水も使うが、でも紙も使う。それに、ティシュペーパが普及してないこちらでは、トイレットペーパーで鼻もかむ。)、うちの村の店では18ルピーもするから絶対に買わない。しかしチトラールの町でもずーと12ルピーだったのが、昨年ぐらいから安くて13ルピー、ふつうで15ルピーになっている。
 2ヶ月前だったか、マウンテン・インの手前の小さな店、歩いていて店だということに気付かないような2畳ぐらいのセピアな店に、ピンク色のトイレットペーパーだけが妙に目立ってぶら下がっているのを発見。
 ちょうどトイレットペーパーを買う予定だったので、店の床にねっ転がっている、これまたセピアな店にふさわしい、童話にでてくる農夫みたいなおじさんに値段をきくと、「12ルピー」だと言う。「えっ、12ルピー?」しめた!おじさんは世の中の値上げの動きを知らなくて、ずっと前の値段のままで売っているのだろう。得した気持ちになった私は即座にぶら下がっているペーパーを全部(10個)買い占めた。悪いから、他に何か買ってあげようと店を見回すが、買ってもいいと無理矢理どうにか納得できる商品は、粒の揃わないピーナッツ(5ルピー)しかなかったので、それも2袋買った。
 それ以来、トイレットペーパーは他の店では買わずに、このおじさんの店で買うように心がけている。しかしこの店は、埃だらけの花弁のようなもの、古い機械のパーツのようなものなど、誰が買うのだろうというような物しかなくて、どうやって店が成り立っているのだろうか。しかも休日でもないのに、しょっちゅう閉店だったりして、なかなか謎めいている店でもある。
 前回にチトラールに来たときも、トイレットペーパーが欲しかったが、この店が開いてなかった。残りが少しあるからと買わなかったので、今回は店が開いているのを見て、即、おじさんに声をかけた。
「ケチャー アスス?(ご機嫌いかが?チトラリ語)」
 友達なのか、近所の人なのか、同じような田舎風のおじさんたちと世間話をしていた店のおじさんは、「ジャーム(機嫌いいよ)」と、友達のおじさんたちとにこにこ、こちらの様子を伺っている。
「トイレットペーパーはいくら?」ひょっとして、世の中の動きに気がついたのかもしれないから、一応値段を確認すると、「ジョシジュウ ルパア(12ルピー)」との返事。
 よかった!「じゃあ、これ全部ちょうだい。いくら?」ビニールに入ってぶら下がっているトイレットペーパー、今回は7個だ。おじさんは「いくらか、あんたが計算してくれ」とペンを差し出すんで、私は暗算で「84ルパアになるよ。」と私の手のひらに84と書いて見せる。
「ほら、100ルパア札で払うから、おつりちょうだい。16ルパアおつりだよ」と言ったけど、よく聞こえなかったのか、15ルピーのおつりを渡して、「これでいい?」とにこにこ顔で言うから、1ルピー少ないけど、でも他の店より少なくとも6ルピーは安く買ったんだから、「ジャーム(いいよ)」と言って引き上げた。
 その数時間後、バザールで他の買い物や用事を済ませて、再びおじさんの店の前を通ると、店の中のおじさんから声をかけられて、何やら手渡された。手の中には1ルピー玉があった。一瞬、「1ルピーぐらい要らないよ」と返そうかと思ったが、おじさんの正直なやさしい心を尊重して、「ありがとう」と受け取った。おじさん、そのままでいてね。こういうおじさんが今もいるチトラールのバザール、嫌いになれない。(ほんとは、商売を知らない店が多くて、いつも頭にきているけど)
 IMG_3065.jpg
写真:お店に立つおじさん
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。