FC2ブログ

カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

略奪結婚の取材

09年7月19日

略奪結婚の取材
 7月10日から3日間、共同通信社の記者さんとカメラマンがいらして、「カラーシャの略奪結婚」についての取材をされ、私はコーディネートと通訳で付き添った。
 人妻を略奪して現在幸せな結婚生活を送っているカップルを紹介してほしいということで、ボンボレット谷から駆け落ちしてきた美人の奥さんと、結婚後に軍人になったが、ちょうど夏休みで帰省しているきりりとハンサムな夫に目星をつけていたが、奥さんはバシャリ(生理出産のこもり小屋)、夫はビリール谷の葬式に行くようで、第一日目の本人たちへのインタビューは不可能となった。
 記者さんはカップル本人たちだけでなく、略奪された元の夫の話もぜひききたいということで、そいじゃ、ボンボレットに行かなくちゃと、ヤシールに相談してみると、「彼はひょっとしてソーネ(高地の山羊の放牧地)にいるかもしれない」という。「でも、ソーネに行ってないなら、今日のビリール谷の葬式に参列するかも」という記者さんの期待と、カラーシャの葬式を見てみたい(撮影したい)というカメラマンの希望で、「よし、ビリール谷の葬式に行こう!」ということになり、私も同行した。
 ビリール谷はいったん麓の町アユーンに出てから川沿いに南下して、谷あいに入っていくので、ルンブールから行くには2時間ぐらいかかるし不便なので、めったに行かない。この前行ったのは、3、4年前のプー祭(ぶどう祭り)だったっけ。
 夕方にならないと、ルンブールやボンボレットからの弔問客が集まらないので、その時間に合わせて行くことになる。予定より少し遅れてビリールに着いて、薄暗くなりかける頃まで斎場にいたが、なかなか人が集まらない。
 ボンボレットの弔問客の中に、駆け落ちした奥さんの元夫はいなかったが、その父親が来ていた。記者さんは「じゃあ、お父さんに話をききたい」と言うが、斎場に着いたばかりで、すぐにそういう、あまり歓迎されない質問をして嫌がられるのではと、私はためらっていたが、何の何の、お父さん自身が略奪結婚した口で、その当時のことをしゃべるわしゃべるわ。息子についても、初めの嫁さんを取られたとはいえ、すぐに代わりの嫁さんをもらい、今は2人の子どももいて幸せだとあっけらかんとしている。
 あまり夜遅くなると慣れない道路で危ないし、明日のこともあるので、8時半前に引き返し、ルンブールのバラングル村に着いたのは11時近く。やはりビリールは遠い。
 2日目は村で目星のカップル、その他にも略奪した男性、された方の男性、夫を捨てて新しい男性の元に走った女性などの取材に同行して、私も知らなかった話などもきくことができて、なかなかおもしろかった。この略奪結婚に関しての記事は8月以降の新聞に掲載されるそうなので、どういう風に書かれるのか楽しみだ。

 共同通信社さんたちが村を去られた翌日の夜に、今度はうちの村のお年寄りが心臓マヒで突然亡くなった。うちのハンディクラフト伝統織り部門のリーダー格であるアスマールの母さんの実の父親だ。こちらは先日のビリール谷の葬式と違い、たくさんの弔問客が集まり、嘆き、歌、踊り、チーズ、山羊の肉、肉汁、ギー、小麦パンの盛大なカラーシャの葬式が繰り広げられた。

 というわけで、ライブラリーも飛び飛びに開くことになり、ハンディクラフトの作業も喪中でお休み。大工さんも来なくて、緊張感喪失。気候もずっと涼しかったのが、やっと夏の暑さになり、外に出ると頭がぐらぐらするので、一人で室内にこもって、ちまちまナンやらかんやら、リサイクル縫い物したり、クラフトの試作をしたり、読書したりの、先月とは違う生活サイクルを送っている。
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。