FC2ブログ

カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 村の人口調査

15年ぐらい前に村の人口を数えたことがあったが、当時は310人ぐらいだったと思う。その後確実に人口は増えてる感触はあったが、果たしてどのくらい増えているか、きちんとしたデータがないので、また自分で調べなきゃと思っていたが、暇がないだけでなく、近年生まれた幼児たちの名前など覚えられなくなっていることもあって、そのままになっていた。
 そこで、今年ルンブール中学をカラーシャの中で一番の成績で卒業し、ボンボレット谷の高校で勉強しているマシャールが断食明けの休暇で村に戻ってきたのをつかまえて、彼にリストアップしてもらうことにした。カラーシャで成績が一番というのが、どのくらいのものか、マシャールの仕事ぶりも見てみたいというのもあった。
 英語が苦手でウルドゥー語ならまあまあという生徒が多い中、マシャールは村人の名前を英語ではすぐ書けるが、ウルドゥー語では一瞬考えていて、得意でないよう。彼の字は細かく几帳面で、老眼がきている私はいちいちメガネをはずして読まなきゃならん。数の計算もたまに数えまちがいがあったが、わりあい合っていた。(簡単な足し算だからできるのが当たり前だろうが、でもジャムシェールだったらきっともっとまちがうだろう。)等、マシャールの書く能力の一部がわかっった。
 それで、出て来た数字が、バラングル村56世帯で、男性202人、女性178人、合計380人。以前より70名、2割強の人口増加である。このままいったら、すぐ500人になってしまうだろう。そうなると限られた耕作地で穫れる作物では絶対的に賄っていけないだろうから、将来に対して今から考える必要があるのではなかろうか。「ファミリー・プランニングと地盤産業」の組み合わせで、まじめに取り組んでいかないと、大変なことになるかもしれない。
 このテーマで、大人の学習会をやりたいと思いつつ、これまた、こっちがその気になってる時は、村の人たちの時間がなかったりなんやらで、なかなか開くことができない。でもこうやって数字をみてみると、危機感がつのってくる。しかし、男性が24人も多いというのも、驚きの数字だ。だから嫁さんがいない独身おじさんがあちこちいるのだろう。

大工さんの仕事、一応終わる
 大工さんの2階の増築作業も2年がかりでようやく終わった。まだ椅子や棚を作ってもらいたかったが、次の建築仕事の依頼人が大工さんのもとに再三やってきて、自分の家を早く作ってくれるよう言うので、こちらも引き止めるわけにもいかず、トイレの建物ができた時点でくぎりをつけた。
 おとといは、2階では大工さんが仕事をしていて、下の作業室ではルビザールがコースター縫い、その隣ではマシャールがバラングル村のすべての人の名前をリストアップ、外の庭ではナスィールがクルミの木に登って、実を落とし、地面でジャムシェールと近所の女性、子供たちが実の収穫をしていて、午後はアリママットが手漉きの紙に絵を描く作業に来た。各自に仕事を指示して、その間に大工さんへ10時のミルクティーとプルカ(厚めのチャパティ)作り、お昼の食事作り、3時の紅茶を出さねばならんし、さらにその合間を縫って、ハンディクラフトの新商品の試作品などを作っているんで、なかなか外に出る暇がない。従ってせっかく弟からもらったデジカメで村のスナップを撮ることもできず、撮るのはハンディクラフトの見本写真が多くなる。

 写真:手織りの幅広紐を縦に3枚縫い付けたA4サイズのバッグ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。