FC2ブログ

カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一時帰国の途に

09年10月18日
 チトラールの町を歩いていると、チトラールの人たちは、「ケチャー アスス、ベッチ(ご機嫌いかが?おばさん)」と声をかけてくる。大半は知らない人だ。しかし、一見私より年上に見える白髪混じりのひげのおじさんから「ベッチ(おばさん)」と言われると、確かに自分はおばさんということは認め、相手は好意で言ってるとわかっていながら、言われたとたんにむっとくる。だいたい「ベッチ」という言葉の響きが好きでない。カラーシャ語で「ナーナ(おばさん)」と言われたら、やさしく「なーに」と返事できるけど。
 昨日、イスラマバードまでの飛行機の切符のためにPIA(パキスタン航空)の事務所に行ったら、私が入ったとたん、待ち合い席にいたおじさんが、「ベッチが来た。ベッチが来た」と大声で叫ぶではないか。他に女性はいないから、明らかに私に言っているのだ。
しばらくするとまた、「ベッチが来た。ベッチが来たよ」と叫ぶ。きっと少し頭がおかしい人だろうが、あまりにも何回も何回も繰り返されると、カウンターの椅子に座っていた私は苛つき、「チョップ(うるさい)」と言ってしまった。しかしそれでも男はまた「おばさんが来た」を繰り返す。切符を手に入れてカウンターから去るときも、「おばさんが来たよ、おばさんが来たよ」と言うので、私は今度は男をじろりと見つめて「うるさいぞ」と言った。そしたら、その中年の男は顔中を喜びいっぱいにしてにっこり笑った。
男の勝ちだった。

 おばさんと言われるようになった私の両親は、だから当然高齢になっている。パキスタンからの電話料金が昔に比べると格段に安いということもあって、最近は毎月チトラールの町に出ると、九州の母に電話するように心がけているが、8月末に電話した時に、父が肋骨にひびを入れ、母1人で大変だときいた。その後、アタナシアスの拉致事件が起き、今も解決されていない。それ故、カラーシャ谷に来る外国人ツーリストは、安全確保のために警官をつけなければならない状況になった。私は地元人ということで警官こそつけてないが、以前よりは安全環境は悪くなっていると言わねばならないだろう。私の今年の予定の仕事であった2階増築の大工さんの仕事も終わり、ルンブール谷を出る条件がずらりと揃ったんで、早めに帰国の途に着くことにした。
 冬に静江さんが来るという話は、アタナシアス事件で今のところキャンセルになったんで、来年春まで半年間は、多目的ホールはジャムシェールとヤシールだけで運営してもらう。この前の冬も彼らだけでライブラリーを開き、特に1月2月の冬休みは、本を読むだけでなく、学校の教科書を持ち込んで復習をする生徒もいて、ライブラリーがとても役に立ったというので、あまり心配はしてないが、問題はハンディクラフト活動だ。
 本来の予定では12月に谷を出るつもりだったんで、とうもろこしや果物の収穫作業が終わり、女性たちに時間ができる10月半ばから11月いっぱいで、冬の私の留守中にクラフト隊にやってもらう作業の段取りを立てようと思っていたが、それができなくなった。それで、谷でも日本でも確実に売れる品物、山羊のコースター、シュモン(手織り紐)のコースターだけを、グリスタンとルビザールに作りおきしてもらうことにした。そのために、見本の写真、布、裁断の型を用意し、アスマールの母さんにはサイズを指定したシュモンだけを織ってもらうことにした。多くの仕事を依頼できず残念だが、仕方がない。

 ということで、この2週間はえらく忙しかった。Nさんと静江さんのクルミの収穫をして、殻向き、日干し(Nさんのクルミを売ったお金は活動費に寄付)。サイフラー・ゲストハウスの作業をしていた職人を無理矢理お願いして、2階に洋式便器と水道の設置をしてもらい、谷の下流の家からぶどうを買って、ワインを仕込み、活動費やクラフト売上げの収支計算、大事にとっておいたわかめ、魚粉、缶詰などの日本食を胃の中に片付け、その間に2匹の犬が計12匹の子を産んだ。
 帰国の荷物、小型のキャリア付き布のケースは今年作ったクラフトでいっぱいになり、折りたたみのバッグに服類と、うちで穫れたりんごとクルミ。今回はバンコクまで飛び、バンコクで日本までの安いチケットを買う予定なんで、あまり多くの荷物は持てない。ビデオカメラも置いていくことにした。そのビデオカメラで、ヤシールに冬のライブラリー活動を撮影してもらうよう頼む。
IMG_3607.jpg
写真:ワインの仕込み。穢れのない少年(童貞)が足でぶどうを踏む。

高校生に教育補助金
 ルンブール谷には高校がなく、高校に進学する生徒はボンボレット谷に行かねばならない。ボンボレットの親戚の家に居候して、高校に通い、月に2、3回、週末にルンブール谷に戻るわけ生活をする。ギリシャの援助ほどは出せないが、行き来するジープ代ぐらい援助したいと前から思っていて、静江さんとも話し合いをしていたが、静江さんが滞在していた今年の5月の時点では、小学生から大学生までカラーシャの全生徒に政府からの奨学金が支給されるという話があったので、そのままにしてあった。
 しかし秋になっても、その奨学金は来ず、今年は無理ということがわかったので、経済的に難儀している家の生徒で、成績が優秀な生徒、高校1年生、2年生の男女各1名ずつ計4名に、私たちの活動費から毎月300ルピーずつ、来年3月まで冬休み以外の4ヶ月間支給することにした。
 今の時代300ルピーは職人の日給1日分しかならないが、しかし現金収入のない家にとっては助かるはずだ。支給する生徒たちには、冬休みの間、ライブラリーの手伝いと、村のお年寄りたちに、インタビューをしてテープに記録するように頼んだ。インタビューの内容は、自分の人生について語ってもらい、好きな歌、気に入った物語も録音してもらう。
IMG_3699.jpg
写真:高校2年生ナシールシャルと1年生エリカビビ

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。