カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京での平和行進

2010年3月20日

IMG_1885.jpg撮影:わだ晶子
 アメリカ軍のアフガニスタン増派によって、パキスタンの治安は表面上はともかく、治安はさらに不安定なものになってきている。アフガニスタンの国境近くに住んでいるこちらとしても、人ごとではない状況だということを認めざるを得ない。
 そんなとき、World Peace Now からのメールマガジンで、アメリカのイラク攻撃7年目にあたる3月20日に芝公園で集会が開かれ、その後にデモパレードがあることを知った。7年前のイラク攻撃反対の平和行進デモにも参加したことだし、ちょうど東京にいたので、友人を誘って出かけてきた。
 7年前のときは、子供からお年寄りまでの一般の市民、韓国の方、西洋の方、楽器を持ってきて音を出しながら行進する人、妙法寺の和尚さまたち、奇抜な仮装のパフォーマンス系の人など様々な人たち数万人が集まり、見ているだけでもおもしろかった。「あら、久しぶり。あなたも来てたの。元気?」と普段会わない友人ともばったり会ったりした。
 今回はあのときから比べると、集まりが悪く、新聞記事では800人。実際はもっといたように思うが小規模だった。子供や若い人が少なくて、自分も含めておじさん、おばさんが多かった。それだけ、イラクやアフガニスタンの問題が日本の人々の感心を引かなくなったということだろう。
IMG_1897.jpg
撮影:T和子さん
 パキスタンに住んでいる私に比べれば直接的ではないにしろ、日本の国民はイラク、アフガニスタンについて、アメリカ経由で多いに関わっている。しかも、関わり方が向こうの国民の生活を破壊する方向に加担しているということをもっと認識しなければならないのに、日本の若い人たちは今や、下を向いて、目まぐるしくどんどん変わっていく新モデルのケータイなのか、アイ何とかというのか知らないけど、視線がそれに貼付けられて仮想世界に入り込んだまま、顔を上げて生の現実を見ようとしない。現実の世界では、どうせ何をやっても無理だと諦めているのか、卑屈になっているのか知らないが、若い人たちが動いてからこそ未来は変えられるのにと残念に思ってしまう。
 文句を言うわけではないが、企画する側ももう少し若い人が集まるようなイベントを盛り込み、積極的な広報活動をしたらよかったろう。たくさんの若い人たちを集めて盛り上げたら、メディアにも取り上げられて、世の中の注目を集められたのにと残念に思うが、でも何にも行動しないよりはもちろんいいけどね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。