FC2ブログ

カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICLC代表田島伸ニ氏からのメール


わださん
 地震ではご無事でよかったです。本当に心配しました。いろいろと友人からわださんの安否についても問い合わせがありました。でもなにもなくてよかったですね。
ICLCでも救援のための協力を小さな形ですが,被災した子どもたちのために
ICLCP(ICLC Pakistan) を通じて行おうと思っています。

 (以下ICLCのサイトから) 

パキスタン地震被災の子ども基金

 このたびのパキスタンの大地震による死者は4万人―5万人、負傷者数は5万人を超え、家を失った被災者は実に200万人に上ると言われています。そして被災者の中でも特に幼い子どもたちが多数犠牲になっており、現地事務所から連日、今回の大地震で家族を失ったり病院に収容された多くの子どもたちの精神的なショックや悲しみが伝えられています。
 そのため第1次段階として、まずは今回の大地震で被災した多くの子どもたちを励まし、彼らに精神的な安心と慰めを与えられるような本や、絵などを描けるような画帳などを現地で調達し配布する計画を、イスラマバードや北西辺境州などにある国際識字文化センターの現地事務所(ICLCP)を中心に準備しています。
 こうした活動に協力体制を作るために、「パキスタン地震被災の子ども基金」を設置しました。義捐金は、現地のICLC事務所を通じて、被災した子どもたちを直接サポートするための活動にあてられます。皆さまのご支援ご協力をどうか宜しくお願い申し上げます。

2005年10月13日
ICLC国際識字文化センター


名称:◇郵便振替用紙に「パキスタン地震被災の子ども基金へ」とお書きください。
口座名:国際識字文化センター ICLC
口座番号:10100-61381071

国際識字文化センター(ICLC)代表 田島伸二
         東京都目黒区中根1-1-6-10
         電話/Fax(03)3718-5260
          iclc@iclc2001.org

 
 それにしても猪俣さんが昨日(10月16日)交通事故で亡くなられたことは実に大きなショックです。言葉がありません。ラホールからイスラマバードへのモーターウエイの路上で車がパンクして奥さんと一緒にイスラマのシーファー病院(イスラマバードで一番質の高いとされる病院)に運ばれたそうです。ICLCPのショーカット氏からの連絡で彼は重態でしたが、なんとか命はとりとめることができたのではと思っていた矢先、今朝アンバーからメール連絡が入ったのです。
 ああ、悲しくて言葉になりません。

    田島伸二


以上が、田島さんからのメッセージです。
緊急の援助は食物や医療支援ですが、その後の精神的なフォローが非常に重要となってきます。時間をかけて支援していくことが課題と思います。
どうぞ皆様のご協力をお願い致します。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kalasha.blog4.fc2.com/tb.php/30-582088b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。