FC2ブログ

カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の昔話は人気がある。



 1月2月は学校の冬休みで多目的ホールのキラン・ライブラリーは午前中オープンしているが、2月に入ってからは来る子供が少なくなってしまった。雪ゴルフとクリケットに目移りしたようだ。それでも毎朝十数人やってくる。
 最近の私は多目的ホールの机に座り全体的な監督をしながら、バズバン(ビーズの腕輪)作りに忙しく、たまに本を読んであげたりするけれど、ほとんどジャムシェールに任せている。彼が小さい子たちに英語のABCとウルドゥー語のアーベーを教えているが、2ヶ月経っても、相変わらず「エー、ダブュリュー・ピー、エル、イー、エープル。シー、エー、ティー、キャット。」などと同じことをやっていて、単なる口の運動と時間つぶしでにしかなってないではないかと思うこともある。(エープルはパキスタニ発音だからアプルと教えるようにジャムシェールに言うが、どうしてもエープルになってしまうようだ。それにスペリングは大きくなって覚えればいいから、初めは身の回りの必要な言葉を教えればいいのに、小学校でそうやるのだろう、スペリング付きで本に載っている単語をただ声を出して言っている。)
 しかし感性と想像力を養うという面では確実に貢献していると思う。毎日ABCの勉強の後に、ジャムシェールが紙芝居や物語本を読み聞かせているが、紙芝居はやはり人気がある。美穂子寄付金により贈られた「浦島太郎」はもう何回も繰り返しやっているのに、今も「タローをやって」と子供たちからリクエストがくる。ICLCの田島伸二氏作の紙芝居「山に木を植えよう」もまじめなストーリーなのに声がかかる。
 今朝はパキスタンで出版されたウルドゥー語版「サルカニ合戦」がリクエストだった。昨日ジャムシェールが読んできかせたばっかりなのに。おかしいのは、カニという言葉がカラーシャ語にないので、ジャムシェールはカニのことをゴイック(虫)と言っていた。私が「それは虫じゃないよ。英語でクラッブといって、海にいるんだよ。魚と同じく食べられるもので、日本人も西洋人も食べるんだけど、けっこう値段が高い。」と教えると、「エー!食べるの?」とみんな目を丸くして驚いていた。
>20070224170102.jpg

 写真:すっかり雪が解けた村の広場でクリケットを楽しむ子供たち

2月23日 
3月初旬にこちらにやって来る村串静江さんに最終連絡のためと、DVDプレーヤーのために、明日チトラールの町へ行くことにする。しかし時の経つのは速いものだ。ついこの前帰国する静江さんをチトラールまで送りに行ったと思っていたのに、もう彼女が来る時期になってしまった。静江さんには3月後期から私が帰国している間、「多目的ホール&作業室」の管理と、今やすっかり大きくなったハナの世話をお願いすることになるが、彼女は日本でもお友達や知り合いの方々に「多目的ホール&作業室」の活動についての広報を積極的にやってくれて、ほんとうに感謝している。
考えてみれば、DVDプレーヤーとテレビはチトラールで静江さんと一緒に買っている。冬の間、大人たちの学習会で多いに活用しようと思っていたが、トラブルだらけで今だ使っていない。(使えない)どうも静江さんが来るのを待てという深い意味があるのかも知れない。なんて思って笑い飛ばさないことには、この不条理な「品物は売ったら最後、売った物が悪かろうが、壊れていようが、売った店には責任ない。それは買った者の運が悪いのだ。」という考え方にはついていけない。

 2月にもう1度大雪が降るのではないかと危惧していたが、小雪が舞った 村でのニュースは、3年前だったか、私のホームページの便りでも紹介したが、ボンボレット谷に嫁入りしたジャマット・カーンの姪が、うちの村の上流に住む男性のもとへアラシン(駆け落ち婚)したことだ。上流の男性は彼女がボンボレットに嫁ぐ前から嫁に来るように言っていたのに、当時はイエスと言ってもらえず、今になって悪態をつくボンボレットの夫に耐えられず、姪はこちらの男性のところに来たようだ。ボンボレットの夫は彼女の実家に合計3~4万ルピー現金を贈っているので、新しい夫になる男性はその倍を前の夫に払わなければならない。6~8万ルピーもの現金を普通のカラーシャが持っているはずはなく、その男性は家の周りの畑を売ることになった。(彼は遠い上流に別の広い土地を持っているので問題ないというが)土地を誰が買うかを含めて、このアラシンの話は1週間ほど村のトップニュースだったが、近々、前の夫の一族が倍返しの贈り物を受けとりにくると思うが、その時もまた村中が盛りあがることだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kalasha.blog4.fc2.com/tb.php/60-b50c53a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。