FC2ブログ

カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミサイルの代わりに花火を

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、人工股関節置換の手術を受けたことで、
一時帰国のまま、日本に留まることになってしまいました。
おかげさまで、手術後の経過もよく、
今ではどんどん外出できるようになりました。

年末に、知り合いのご好意により、
熱海にリハビリを兼ねて4、5日間滞在しました。
温泉付きマンションのセンスある部屋に泊まって、
関節痛や傷に効くお湯に14回浸かって、
おいしい魚を食べながら、友と飲み語り合い、
近所の神社の樹齢2000年の楠の木から生命力をもらい、
とっても豊かな時間を過ごしました。

熱海の今年最後の花火を目の前で見ることができたのも幸運でした。
海から次々と上がる花火が、夜空に繰り広げる、
大迫力の音と光と色の世界に、涙がでるほど感動しました。
こんなにも素晴らしい芸術の伝統が存在している事実に感動し、
こんなにも素晴らしい芸術を(観光客のためとはいえ)
不特定多数の人々に無料で見せてくれる熱海市に感謝し、
こういう場面に出会わせてくれた友人や知り合いの
縁やつながりにも感謝しました。

同時に、この感動をカラーシャの人たちにも
体験させてあげたいと思いました。
カラーシャたちだけでなく、アフガニスタン、イラクのような国の人々に
こういう素晴らしい花火を見せてあげたら、
どんなに喜んでもらえるだろうと思いました。
ひゅるひゅるヒュルヒュルどかーん、
ミサイルじゃなくて、花火が空に大輪を咲かす音です。
アフガニスタンの砂漠に日本の花火が上がるのを
想像するだけでもわくわくします。

ミサイルの代わりに花火大会のプレゼントをしたら、
どんなにすてきで、かっこいい援助だとおもいませんか?

と花火を見て、すっかり気分よくなってたのに、
ヴェナジール・ブットー女史の暗殺のニュースです。
殺し合いしても何も始まらないということを、
全く学ばない人たちが多くなった世になってくじけそうになります。
それでも、今年は少しでもよい年になりますよう祈るしかありませんね。
世界のミサイルよ、みんな花火になっちまえ!

新年のほざきと願いでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kalasha.blog4.fc2.com/tb.php/66-9ad84448
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。