FC2ブログ

カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静江さんへの手紙

6月17日付け、静江さんに送信したメールです。
静江さま
無事に帰国されたことと思います。
日本は暑くなってますか?こちらは、一気に夏に入り、
ジャマットのブロンズの桑の実はあふれるように実っていますし、
私のところのクルミの実も、りんごの実もけっこう丸くなってきましたよ。

静江さんが去ってから、数日間は何もしない休暇の日にしようと思ってましたが、
ハンディクラフト活動は休んだものの、荷物の整理、模様替え、洗濯など、
いつもよりさらに働いてしまいました。
ホールにあったハンディクラフトの諸々の小物はほとんど作業室に移し、
ミシンも静江さんのベッドの隣の机に置いたので、今は、グルスタンたちは作業室で
仕事をしています。窓際なので明るいし、風も入ってくるしね。(生暖かいけど)
外では、作業室の外に織り機を置いて、アスマールのアーヤが織物を織ってくれてます。
一枚目の布で5個のバッグが作れる予定です。(すでに4個作りました。)
今2枚目の織りに入ってましたが、アスマールのアーヤの弟の坊やが15日に亡くなったので、
アスマールのアーヤは喪中で一時中止の状態です。
静江さんのアイデアの「通帳入れ」もストックがなかったので、表布と裏布を1枚ずつにして
ヌールカーンの奥さんとグリスタンに縫ってもらいました。私の作ったサンプル2枚を入れて
10枚ができ上がるところです。
パスポート入れポーチも口をファスナーで作ってみました。
ファスナーの端がすごく固いので始末が大変でしたが、他は、すごく簡単でした。
(しかし、自分で実際に使ってみたら、布の腰がなくて、ふにゃりとなったので、
芯を入れるなどの工夫が必要みたいです。)
DSC05044.jpg

写真:アスマールのアーヤが縦糸を掛ける作業を見るヌールカーンの奥さんとグリスタン

ライブラリーも12日から開けています。
静江さんが横浜の学校に持っていったDVD(ルンブール谷の子供たち)も
読書が終わった後に見せました。自分たちが映っているので喜んでいましたが、
映像が飛ぶのが問題です。DVDプレーヤーとの相性が悪いのでしょうか?

2階の仕事は危惧したとおり、まだスタートしていません。
大工さんのムスリムの相棒さんは予定通り谷に戻ってきましたが、
すでにアユーンに仕事をとっていたのでそちらに行ったとのこと。
7月に2人でスタートするということです。あんまり期待すると、
だいたいダメになるので、期待しないようにしてます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kalasha.blog4.fc2.com/tb.php/73-e4e418d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。