FC2ブログ

カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2階の作業室の壁の横木積み終了

11時間作業の甲斐があって、7月27日、仕事を始めてから13日目で、2階の作業室2部屋(紙すき部屋とハンディクラフト部屋)の壁の横木積みが終了。1階に重さの負担がかからぬよう2階は石壁でなく、木を多く使う壁にしたのだが、後はとりあえず横木の間に石を詰めれば壁作業の一段階は終わる。数ヶ月後に屋根ができてから、部屋の内側に平板を張るか、あるいは戸棚を設置することになる。
1階の東側、以前使っていた外のトイレ浄化穴用パイプが斜面に埋まっていたために、荒れ地のまま手つかずでいたが、トイレを壊すことになって、パイプを取り去ることができた。斜面の石まみれの土をふるいにかけて、土は2階の屋根用に、不要な石ころは1階建物に接していた浄化穴に詰めてふさいだ。これで地震が来ても安心だ。
11時間作業の甲斐があって、7月27日、仕事を始めてから13日目で、2階の作業室2部屋(紙すき部屋とハンディクラフト部屋)の壁の横木積みが終了。1階に重さの負担がかからぬよう2階は石壁でなく、木を多く使う壁にしたのだが、後はとりあえず横木の間に石を詰めれば壁作業の一段階は終わる。数ヶ月後に屋根ができてから、部屋の内側に平板を張るか、あるいは戸棚を設置することになる。
1階の東側、以前使っていた外のトイレ浄化穴用パイプが斜面に埋まっていたために、荒れ地のまま手つかずでいたが、トイレを壊すことになって、パイプを取り去ることができた。斜面の石まみれの土をふるいにかけて、土は2階の屋根用に、不要な石ころは1階建物に接していた浄化穴に詰めてふさいだ。これで地震が来ても安心だ。DSC05207.jpg
写真:7月29日時点の多目的ホール&作業室の外観

通過儀礼用の服、織り作業終了
カラーシャの伝統文化を守り、復活させる意味合いを込めて、今月初めからアスマールの母さんに通過儀礼の女児の服を織ってもらっている。ほとんど毎日2時間ずつ作業をしてもらって、昨日7月29日に織り作業が終わった。織った布は横30センチ、縦4メートルほどで、すぐに水路で棒で叩いて水洗いする。脂をぬくために(と思うが)羊毛を紡ぐ前に灰をまぶすのだが、その灰を洗い流すためだという。乾いたら織った布を裁断して縫いあげる。そしたら今度はせっけんをつけてきれいに洗うそうだ。

DSC05212.jpg
写真:織り上がった通過儀礼用の伝統的な女児服地
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。