FC2ブログ

カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パキスタンに到着

2009年3月29日
 3月26日の夜中3時過ぎにドバイを発ち、3時間のフライトでペシャワールに着く。ペシャワールは昨年12月に来たときよりは若干雰囲気が良くなってるように思ったが、翌日、私が泊まっているホテルと同じ道路沿線のトライバル・エリア(部族区域)で70人以上の死者がでる自爆テロが起こり、安心は禁物。
 ペシャワールでは、フィダさんの家族に会い、カラーシャで橋、神殿、トイレなどの建設支援活動をしているイギリス人のモーリンさんを訪ね、昔からの友人である弁護士のカリッド・カーンさんに電話しただけで、極力ホテルに留まって2日間を過ごし、28日イスラマバードに向かう。

IMG_2074.jpg
写真:ペシャワールのジャムルード道路

 イスラマバードではファウジアの家にいつも世話になるのだが、ファウジアはペシャワール、イスラマバード、ラホール、カラチ、クエッタでの一連のアート・ワークショップが終わったばかりで、一息ついているところだ。
 3月末だから暖かいと思っていたが、天気が曇り時々小雨だからか、けっこう涼しく、みんなセーターを着ている。(ドイツ人ハーフのご主人だけは半袖姿。ヨーロッパ人は寒さに強いのだ。)今日は日曜日だったので、どこにも出かけず、長い昼寝をした。移動の連続で疲れていたのかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。