FC2ブログ

カラーシャの谷・晶子便り

パキスタン北西辺境州の谷に住むカラーシャ族と暮らすわだ晶子の現地報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラン・ライブラリーにて(二)大切にしたいカラーシャ語での読み聞かせ

2009年5月27日
キラン・ライブラリーにて(二)大切にしたいカラーシャ語での読み聞かせ

ライブラリーを開けると、まず好きな本(ウルドゥー語や英語)を選ばせ、40~50分間の自由読書。

自由読書の間、ウルドゥー語の音読もままならない低学年の子と、学齢に達していても学校に行っていない子は、奥の大きな敷物の上にかたまってすわり、うきうきしてスタッフのジャムシェールを待っている。本を読んでもらうのだ。ウルドゥー語の本を、カラーシャ語に訳してもらいながら聞く。生活環境にない物や事柄が出て来ると、その説明も必要だ。
読み聞かせの最中にも、自由読書をしている子どもが「これ、なんて読むの?」とやってくる。自由読書をしていたうちの何人かも、いつの間にか混じって聞いていることもある。
ライブラリーには、子ども好きでウルドゥー語の読み書きができる存在が不可欠だと、ウルドゥー語のできない私は思っている。

この春には、約三週間、ボランティアのヤシールにウルドゥー語の37文字を教えてもらってきた。自分の名前をウルドゥー語で読み書き出来るようになるのを目標にしようと思っていたが、全部の文字が終わらないうちに春祭りになり、畑仕事の季節になってしまった。家族と一緒に昼間は耕作地へ。上流の耕作地の夏家に移っていってしまった子もいるし、見慣れた顔の子が夕方薪を背負って村に戻ってくるのも見かける。文字の続きは、次の冬休みに。
 
2006年夏の開館当初は、ウルドゥー語の読み書きができる4年生以上が対象で、植林啓蒙の紙芝居や日本の昔話の紙芝居なども見せてきた。その後、学校以外で学習する機会のないことを考慮して、2ヶ月の冬休みに文字の勉強の機会をつくったので、低学年の子も訪れるようになってきた。
これまでに、試行錯誤をしながら、ジャムシェールやボランティアのヤシールを中心に、高学年の子や中学生、時には休暇で村に帰っている若者に頼んで、本や紙芝居の読み聞かせをしてもらうようにしてきた。自分たちの言語ではないウルドゥー語や英語での読書は、ハードルが高い。それに比べて、カラーシャ語での読み聞かせの時の子ども達は実に楽しそうだ。

ここキラン・ライブラリーで物語の世界にふれ、その楽しさを味わってほしい。また、読書をとおして様々な考え方や情報も得てほしいと願っている。

IMG_2269.jpg
 写真:カラーシャ歌の冊子を読み聞かせるヤシール(わだ撮影)

参考:
○中学校(6年生~8年生)から、ムスリムとカラーシャが一緒に学ぶようになり、授業はすべてチトラール語で行われる。
今年、小学校を卒業した5年生13人は、全員中学校へ進学した。以前この学年だった子のうち、途中で2人が飛び級で上学年へ、途中で4人が学校に来なくなったとのこと。
○高等学校(9年生~10年生)は隣のムンムレット谷にあり、親戚の家に寄宿して通うようになる。

「深い洞察」の内容にはなりませんでしたが、実情の一端を知っていただけたでしょうか。次回のライブラリー訪問は、冬休み2010年1~2月を予定しています。(しずえ)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。